査定額が低く手放せない

査定額が低く手放せない

その査定ホントに大丈夫?

現在、他社様での査定にご不満がある方に、ここで査定における危険なパターンを二つご紹介致します。

危険なパターン
①その物件を販売した業者に査定を依頼
②ポータルサイト等を利用した簡易査定

こちらの2パターンで依頼されている方は査定に不満をお持ちされて当然かと思います。

販売した業者に査定を依頼した方

販売した業者に査定を依頼した方

販売業者査定の場合ですが、 販売業者は相場より安い金額を提示して『今売れば損をします。長期で持ちましょう』というセールストークをします。

それでも安い金額で売ってくれれば、それはそれで販売業者の利益になりますからどちらに転んでも損はしない様に、相場はずれの査定をするという仕組みです。

ポータルサイトでの査定をされた方

ポータルサイトでの査定をされた方

簡易査定は、まず仕組みとして、大手ポータルサイトに登録している不動産会社があります。

サイトに査定依頼がくれば登録しているたくさんの不動産会社のどれかにその査定依頼が飛びます。もっと複雑なシステムを要する場合もありますが、おおよそベースとしてはこのような流れで不動産会社から査定結果が流れてくるシステムです。

もちろん正確な査定をする会社もありますし、全てが悪いわけではありませんが、不動産には個々の特性があります。

同じマンション、広さ、間取りであっても、階数、角部屋、採光など1部屋1部屋特性があり、査定額は強みや部屋の個性で変化します。

アデプトマネジメントの査定方法

アデプトマネジメントの査定方法

弊社の査定は他の会社と査定方法に違いがあります。

弊社の査定は基本的には一次査定としてすぐ金額の提示をさせて頂きますが、他社様との違いとして二次査定というのを行います。

弊社は大手企業様や社団法人、不動産オーナー様との繋がりが多数御座います。

お客様のご依頼を頂ければ直接買主様に対してアプローチを行い、1次査定金額より高い金額、あるいはお客様が売りたい金額で購入できる顧客様を、弊社のシステムを使用して一斉にお探し致します。

弊社は投資家様だけではなく、社宅購入や自宅の用途としての購入のお客様にも2次査定させて頂くことで、一般的な査定額よりも高い査定額をご提示致します。

他の査定では満足できない方は是非お問い合わせください。

その他の『お困り事』はコチラ

●月々の収支が悪い
●家賃が下落している
●購入物件に後悔している
●入居者がつかない
●節税にならない