I様【大手会社=良い物件。ではない】

本日ご相談いただきました。

■I様 大阪府在住 女性 大手病院勤務
●大阪市内3戸 所有
●平成28年購入
●購入時価格5800万円 金利2.17%

新築マンションの危険性

不動産経営を書籍や、ネットの動画などで不動産投資を経営されてらっしゃったI様ですが、ネットの広告を見て不動産会社に資料請求をしたのが不動産投資の始まりでした。

ネット広告を行っていた会社は大阪市内の一等地にかなり豪華なオフィスを構えて、最初にその会社を訪れた際はその綺麗さに圧倒されたそうです。

これくらいしっかりしている企業なら大丈夫だろうと考えて購入まで至ったそうですが、購入した新築マンションに購入後2年ほどでトラブルが続出しました。

入居者の退去による空室期間が2カ月出たり、節税の効果が大幅に目減りしたり、と購入後3年以内で損出が35万円を超えました。
得に後悔しておられる点が、購入物件は駅から徒歩10分圏内ではあるものの、「単身者に好まれるエリア」ではなく、ファミリータイプのマンションや、戸建ての家が多く建つベッドタウンで、大手販売会社であったため、立地の下調べを怠った点です。

このまま不動産経営を続けていくのはかなりしんどいということで売却のご依頼を頂きました。

会社で選ぶのではなく、物件で選ぶ

弊社がお話を聞いた中でひとつポイントに感じた点が、I様がオフィスがしっかりしている=売っている商材も安全とお感じになったところです。

ここが多くの皆様がお考え違いをされてらっしゃる部分だと思うのですが、高級デパートの菓子折りなどをイメージして頂きたいのです。

高級デパートの菓子折りなどは、一般的な菓子折りよりも高価なお値段で販売されておりますが、それは高級デパートの名前が入った包装があるからこそのお値段です。

お菓子を買うならコンビニでも美味しいお菓子はたくさんありますが、贈答品として感謝の気持ちを表す為にも皆様そういった商品を購入されます。

不動産においてもまさにその様な事が言えます。

家賃何百万円もするようなオフィスなどに事務所を構えるということは、その分一人ひとりのお客様から利益を取っていることには違いありませんし、その分サービスが低下するという例が非常に多く御座います。※すべての不動産会社がそうではありません。

一番弊社が申し上げたいことは、会社よりもその売っている物をキチンと見て、購入を考えなくてはならないということです。

今回の件に関しては築浅の物件ですので、買い手様はたくさんいらっしゃる案件になるかと思います。

弊社は一般の顧客様や、企業様に直接お客様を繋げることでより高く売却をサポートすることが可能です。

お心当たりがある方は是非一度ご連絡下さいませ。

売却の金額査定は専用査定依頼ページよりお問い合わせ下さい。
ご相談事は、問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。