投資用マンションの購入で後悔するのはどんな人?後悔しない方法とは

投資用マンションをいざ購入してみても、なかなか利益が出ない、赤字続きになってしまうなど、後悔してしまう人もいます。投資用マンションで後悔しないためには、自分で情報収集を行い、信頼できる不動産投資会社を自力で見つけることが大切です。

ここでは、投資用マンションで後悔してしまう人の特徴や後悔しないためにはどうすれば良いのかについて解説していきます。

投資用マンションで後悔してしまう人の特徴は?

投資用マンションは、一度購入したら後は管理会社に管理を任せて、基本的には放置しておくだけで利益を得ることも可能です。しかし、投資用マンション選びに失敗してしまうと、うまく利益を出せなくなってしまいます。

実際に、不動産投資をしている人の中には運用がうまくいかず、後悔してしまう人も少なくありません。それでは、投資用マンションで後悔してしまう人の特徴を見ていきましょう。

利回りだけを重視

利回りしか確認せずに不動産を購入する人は少なくありません。しかし、利回りにはさまざまな数字が関係しており、必ずしも利回りが高ければ利益が得られるとは限りません

例えば、地価の安い地方の不動産は利回りが高く10%超えも多いのに対し、都市部は地価が高い故に地方よりも利回りが低いです。しかし実際のところ、これら2つのうち入居者が多く入る見込みがあるのは人口が多く、交通アクセス面でも優れた都市部の物件でしょう。

しかも、利回りとして公表されるデータは、あくまでマンションが満室時の数字です。地方はやはりマンションが満室になりにくい傾向があるので、いくら利回りが高くても数字通りの利益は期待しにくいです。このように、投資用マンションは利回りの仕組みを理解して投資する必要があります。

投資用マンションの利回りに関しては、「投資用マンションの利回りの最低ラインは10%?計算方法や相場まとめ」のページをご参照ください。

新築マンションを購入

中古よりも新築の方が人が入りやすいと思っている人もいるかもしれません。確かにアクセス面で優れていて人気の高い土地の新築マンションなら、すぐに満室になることも期待できるでしょう。

しかし新築のマンションには、マンションの開発業者の利益も上乗せされており、中古マンションよりも遥かに高額なのが基本です。さらに、新築マンションは前情報が無く、必ずしも入居者が定着するような評判の良いマンションになるかどうか分かりません。したがって、特にマンション投資の経験が無い人は、中古マンションを選んだ方が無難なのです。

一棟マンションを購入

マンションを一棟ごと購入してしまうのも、実は失敗のリスクが大きいです。一棟ごと購入した場合、毎月の返済額が大きくなってしまうので、投資のハードルが高いです。加えて、マンションの設備に欠陥やトラブルがあったときに、複数の部屋が貸し出せなくなり、利益が減ってしまう可能性も考えられます。

マンションを一棟購入できるだけの資金があるなら、複数のマンションの部屋を1部屋ずつ借りてリスクを分散するのがおすすめです。

ファミリー向け物件を購入

現代のファミリー向け物件は、食器洗浄機や浴室乾燥など便利な機能がたくさん用意されているのが基本です。そのため、メンテナンスに膨大な費用がかかってしまい、収入だけでなく管理時に発生する出費も大きい傾向にあります。

また、ファミリー向け物件は単身者向け物件と比べて面積が広いので家賃を高めに設定できますが、3人以上の人が住むので、一人あたりの家賃は実は単身者向けより低いです。投資効率という意味でも実はファミリー向け物件は損なので、初めての不動産投資はできれば単身者向け物件を選ぶのがおすすめです。

サブリース契約のマンションを購入

サブリース契約は不動産管理会社が一括してマンションを借り上げるので、まとまった収入が得られるのが魅力です。家賃保証もあり、入居者の滞納などの影響をマンションの持ち主が受けることもありません。

しかし、サブリース契約のマンションは管理を管理会社に任せる分、マンションの持ち主が受け取れる金額が減ってしまいます。また、2015年頃からサブリース契約におけるトラブルも多発しており、消費者庁から警告も出ています。したがって、サブリース契約を結ぶ際には、不動産管理会社が信用できる業者かよく見極める必要があります。

セミナーに参加してそのまま購入

セミナーに参加して、そのままの勢いで投資用マンションを購入してしまう人もいます。セミナーでは基本的にうまい話しかしないので、マンション投資のデメリットについて語られることはほとんどありません。しかし、夢のような話を聞くと自分もそうなりたいと思って、計画性を持たずに行動してしまうケースもあります。

しかし、不動産投資は入念に下調べをした上で行うべきものです。しかも不動産投資は他の投資と比べて投資額も大きい傾向にあります。したがって、投資セミナーに参加した後に不動産投資をしたいと思ったら勢い任せにせずに、一旦頭を冷やした上で時間を掛けて自分に適した投資用マンションを探してください。

投資用マンションで後悔しないために、失敗しない方法が知りたいという方は、「投資用マンションの【よくある失敗】と【成功するためのポイント】を解説!」をご参照ください。

投資用マンションの購入で後悔しないためには

マンション投資で失敗しないためには、不動産選びだけでなく、信頼できる相談先選びなど、さまざまな要素が重要になってきます。失敗時の損失が大きいマンション投資は、事前に失敗しないためのポイントを理解した上で始めましょう。

ここでは、投資用マンションを購入するにあたって、どんな点に着目すべきなのか、マンション投資で失敗しないためのポイントを紹介します。

キャッシュフローを重視する

マンションに限った話ではありませんが、投資は手持ちの現金が大切です。ローンを組めば経済的に余裕が無くてもマンション投資を始められるでしょう。しかし、万が一空き室が予定以上の数になって利益が想定よりも少なかったなどの場合、自分の生活費からローンを返済することになります。貯蓄が無いと、ローンの返済が生活を逼迫してしまう可能性が高いでしょう。

したがって、キャッシュフローに余裕を持って不動産を運用できる状況かどうかよく考えた上でマンション投資を始めることをおすすめします。

自分で調べて複数の会社に相談する

マンション投資を始める際は、必ず自分で情報を集めた上で、複数の不動産投資会社に相談しましょう。特にセミナーに参加してマンション投資を始める人だと、セミナーの主催者の話しを鵜呑みにしてしまいがちです。

先程解説したように、セミナーでデメリットについて言及されることはめったにありません。したがって、自分で不動産投資会社を調べて第三者からの意見を取り入れた上で、投資先を決めてください。

会社を選ぶ際には信用できるかを確認する

不動産投資会社を選ぶ際には、信用できる会社かどうかを確認することも大切です。必ずしもすべての不動産投資会社が親身に相談にのってくれるとは限りません。会社によっては、最初だけ親身に乗ってくれても契約後は放置されてしまったりするような悪質な業者も存在します。

また、不動産投資会社だけでなく担当者が信用できる人かどうかも重要です。ただ、こればかりは実際に会ってみないとわからないので、担当者に相談したときの態度などで確認してみましょう。

不動産投資会社を選ぶポイント

不動産投資会社はサービスの質が良い業者もいれば、赤字物件を売りつけようとする悪質な業者もいます。そのため、不動産投資会社を選ぶ際には注意しなければいけません。

信用できるかつしっかり利益を出すことができる不動産投資会社を選ぶにはどんな点に着目すれば良いのでしょうか。ここでは、不動産投資会社を選ぶ際に見るべきポイントについて解説します。

対応している物件やエリアが自分に合っているか

不動産投資会社で取り扱っている物件・エリアが自分に合っているかどうかで、管理のしやすさが大きく変わります。やはりマンション投資をするなら、自分の目が届く場所にある不動産を選ぶのがおすすめです。

また、不動産投資会社が取り扱っている不動産のエリアが広すぎると、不動産投資会社がその土地の事情を知らずに不動産の売買を行っている可能性が考えられます。不動産投資会社がその土地の事情を把握していないと、パっと見優良物件でも実際は近隣の環境が悪いなど、マンションの価値が下がる要素に気づかずに、質の悪いマンションを購入してしまうリスクも高くなるでしょう。

したがって、不動産投資会社を選ぶ際はスタッフがその土地の事情をよく理解しているかを確認するのがおすすめです。

デメリットも解説してくれるか

マンション投資はいくら優良物件だったとしても必ずデメリットが発生します。デメリットを把握せずにマンションを購入してしまうと失敗のリスクが高くなりますが、売上を気にしてデメリットについて説明してくれない営業担当者も多いです。

しかし、デメリットについてもしっかり説明してくれるような担当者なら、信頼して長い付き合いができる可能性が高いでしょう。したがって、デメリットについてできれば自分から話してくれる、そうでなかったとしてもデメリットについて聞いたら詳しく説明してくれる業者を選ぶと安心です。

サポートが充実しているか

不動産投資会社選びではサポートも大切です。サポートの内容は、不動産の管理に関するものや確定申告の手続きをはじめとする税務周りなど、さまざまなものが挙げられるでしょう。

サポートが充実していない業者だと、万が一トラブルが発生したときにすぐに対処できない、外部サービスに委託しなければいけないなど不便です。したがって、マンションの購入時にはどんなサポートが受けられるのかもよく確認してください。

まとめ

マンション投資を成功させないためには、まず失敗しやすい例を学び、自分で情報収集をした上で始めることが大切です。勢い任せでマンションを購入してしまうと周りが見えなくなり、失敗のリスクも高くなってしまいます。

また、マンション投資にあたってはマンションそのものだけでなく、不動産投資会社の質も大切です。複数の不動産投資会社に相談して契約先をよく吟味して、本当に信用できる不動産投資会社と契約を結んでください。

アデプトマネジメントでは、不動産買取や仲介、不動産賃貸管理業だけでなく、コンサルティング業も行っております。投資用マンションに関する相談も受け付けておりますので、こちらからお気軽にご相談ください。