T様【新築購入ワンルームの出口戦略】

本日ご相談いただきました。

■T様 兵庫在住 男性 一般中小企業勤務
●兵庫県内 新築マンション1戸所有
●平成24年購入
●購入時価格1,580万円 金利2.3%

ワンルームマンション投資をはじめて後悔

新築ワンルームマンションの販売会社から、新築でワンルームマンション1戸購入された、T様からのご相談です。
よくある、「税金対策」「生命保険代わりに」「年金対策」のメリットを紹介され、手出しナシのフルローンの説明で購入を決意されました。諸費用等の値引きがあり、物件価格以外の持ち出しは御座いません。

現在、税金の還付はほとんどなく、月々の収支はプラスマイナスゼロで、固定資産税等の支払いを加味すると、年間数万円の赤字です。
今後、赤字で持ち続けることへ不安を感じ、ご相談いただきました。

新築購入の物件でも必ずしも損切売却ではない

弊社での査定は、残債+100万円の金額になり、売却することでこの物件のトータル収支はプラスでおえることになりました。

実は、このT様の物件は、6年以上入居者が変わっておらず、現在の想定募集家賃よりも2千円ほど高く家賃が取れている状態です。
つまり、入れ替わりが発生すると、家賃ダウンの可能性が高いことになります。
ですから、売却の時期もよく、オーナー様には大変お喜び頂きました。

新築マンションは「購入時の価格が高い」為、「売却は不可能」もしくは「相当な持ち出しの現金が必要」とお考えのオーナー様も多いかと思います。
しかしながら、売却の時期・物件の適正な査定等、しっかりと出口戦略を考えることで、投資の成功へむかうことが可能です。

今後のマンション経営にご不安なオーナー様は是非ご相談ください。

売却の金額査定は専用査定依頼ページよりお問い合わせ下さい。
ご相談事は、問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。