F様【新築マンション売却査定のご相談】

本日ご相談いただきました。

■F様 大阪府在住 男性 37歳 会社員
●新築マンション4室所有
●平成28年購入
●購入時価格7240万円 金利2.2%

新築マンション売却のご相談

マンション経営を4室同時にスタートされたお客様です。

4室の内2室は同じマンションですが、他の2件は別のマンションになりまして、3棟のマンションに物件を所有されております。

その内1件のマンションを売却したいとの事でご連絡頂きました。

元々リスクヘッジの為にある程度物件をバラけて所有されていたそうですが、その内の1件のマンションが新築時から3年で5,000円以上の家賃ダウンとなり、月々の収支がマイナス10,000円以上になってしまったそうです。

このまま所有されていてもマイナスが年間で10万円以上でていきますので、これから30年以上所有すると諸々の費用も計算して、少なく見積もっても500万円以上のお金がかかってしまいますので、ある程度の手出しであれば売却しても良いとの事で査定にお越し頂きました。

今後について

元々、他の会社に査定を2社ほど依頼されていたそうです。

その内1社の査定が1380万円で、1社が1050万円だったそうです。

弊社では1470万円ほどの査定を出させて頂きまして、この金額帯で進めていきたいとのご回答を頂きました。

査定会社は様々御座いますが、買い取り再販を主な業務とする会社は非常に安く金額を提示することがあります。

そして、『今だからこの金額で行けます』『今日中にご決断頂ければ更に50万円上乗せして買い取ります』などと決断を早めてくることが御座います。

このような業者は非常に危険ですが、お客様に選択肢がなければ中には非常に安い金額でも売却を進めてしまう方がいらっしゃいます。

弊社はお客様に選択肢を提供致します。

公正な価格あるいはそれ以上の価格にてお客様の資産を売却することに努めております。

売却をご検討されている方は是非一度弊社にご相談下さいませ。

売却の金額査定は専用査定依頼ページよりお問い合わせ下さい。
ご相談事は、問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。