不動産のAI査定の精度は高い?メリットデメリットを解説

不動産のAI査定の精度は高い?メリットデメリットを解説

不動産価格をAIで査定する企業は増えていて、大手不動産業者でもホームページ経由で無料査定を受けられることが一般化しつつあります。

一方で、AI査定と実際に不動産会社に査定を依頼した際に価格のギャップが生じることも珍しくないため、AI査定の仕組みや特性を知らないと査定結果に振り回される可能性もあるでしょう。

この記事では、AI査定の仕組みやメリット、デメリットを紹介していきますので、要点を抑えてより良い条件で不動産を売却しましょう。

不動産のAI査定とは

不動産のAI査定では、AI(人工知能)を用いて、全国各地の似た立地や条件の土地、建物の価格を比較して、査定金額を出すことができます。少ない情報でもおおよその不動産価格を割り出し、相場を把握できるのが魅力です。

マンションであれば部屋の向きや階数なども重要で、情報が多いほど高い精度で予想価格を導きだせます。大手不動産会社ではAI査定が一般化しているため、気軽に査定を受けられるのも特徴です。

おおよその目途をつけてから実際の問い合わせができれば、それだけ交渉などもスムーズになるでしょう。

不動産のAI査定のメリット

不動産のAI査定のメリットはさまざまですが、ここでは特に大きな4つのメリットを紹介します。

  • 簡単に査定を受けられる
  • 匿名で売却価格を調べられる
  • 膨大なデータで高い精度を誇っている
  • 電話営業が来る心配がない

順番に見ていきましょう。

簡単に査定を受けられる

AI査定は、気軽に査定を受けられるのが何よりも大きなメリットです。一般的な訪問査定の場合は、不動産会社への問い合わせから訪問日程の調整、実際の訪問への立ち合いが必要となり、それだけ手間が増えます。訪問査定は精度が高いというメリットがありますが、手間と時間がかかってしまうのです。

一方でAI査定の場合は、ネット経由で所定の入力フォームに情報を入力するだけなので、早ければ入力から結果が出るまで1分もかからないケースもあります。まずは大まかな費用を把握したいという場合には、AI査定が役立つでしょう。

匿名で売却価格を調べられる

AI査定を行う場合、氏名や連絡先などの情報は不要です。個人情報を入力せずに査定ができるため、匿名性が高く、誰かにバレるといった心配もありません

将来の相続を見越して親の持っている不動産の価値を調べたいなど、家族と相談する前に持ち家やマンションの査定を受けて具体的なプランを固めておくこともできます。大きな金額の取引になることが多いからこそ、匿名で調べられるメリットも大きいのです。

膨大なデータで高い精度を誇っている

AI査定は企業独自のデータだけでなく、国土交通省が発表する地価の公示価格の推移などの膨大なデータを元に査定価格を算出します。非常に高い精度で査定額を出せるのが魅力で、人の手によるミスも少ないのが魅力です。

ただし、参照するデータ量は企業によって異なるため、販売実績の多い不動産業者の方が保有するデータが多く、精度も高くなる傾向があります。可能な限り多くのデータを保有する不動産業社を探し、どの程度の差があるか実際にAI査定を行って確認するのもおすすめです。

電話営業が来る心配がない

AI査定を行う場合、電話番号などの個人情報を入力する必要がありません。また、不動産会社と直接やりとりすることもないので、電話営業が来る心配がないというメリットがあります。

一度不動産査定の交渉を行うと、営業の電話がたびたびかかってくる、ダイレクトメールが届くようになるというのは珍しいことではありません。電話自体にわずらわしさを感じる人も珍しくないため、電話営業が来ないのも明確なメリットといえます。

不動産のAI査定のデメリット

不動産のAI査定のメリットは非常に多いですが、もちろんデメリットもあります。AI査定を利用する際には、デメリットを知った上で使うことも重要です。

  • データが少ない物件の査定は精度が低い
  • 不動産会社を選べない
  • 物件の個別の特徴が反映されない

それぞれ解説していきます。

データが少ない物件の査定は精度が低い

地方物件や戸建てなど、活発な取引がされない不動産は査定の精度も低くなります。マンションのように画一的なデータが取りづらく、間取りや広さなどの条件がバラバラで類似物件を見つけることが難しいためです。

似た物件があっても、築年数や坪数の違い、地域の地価などで価格が大幅に変わることは珍しくありません。また、人口流出が続く地域ではそもそも不動産自体が売れず、データが存在しない、存在してもかなり古いといったケースもあります。

不動産会社を選べない

AI査定を導入している不動産会社は業界大手がほとんどです。地域密着型の不動産会社などでは利用できず、選べる不動産会社がどうしても限定されてしまいます

また、大手同士のAI査定の場合は、データが似通っている、都心部を除く地域事情を加味した地方物件の査定が難しいというところも少なくありません。大まかな目安程度には使えますが、地域によっては使いづらい場合もあります。

また、AI査定では営業マンの対応などを見極めることができません。いくら査定額が良くても信頼できない不動産会社に依頼するのは危険なので、注意しましょう。

物件の個別の特徴が反映されない

不動産はそれぞれ特徴があり、一般的なデータだけでは分からないこともあります。例えば、デザイナーズ物件や、築年数が古くてもリノベーションで不動産価値が上がった物件などは、付加価値が高く一般的な物件の範疇から外れてしまうため、AI査定で価格を調べるのが難しいです。

リフォームして間もないため物件、逆に長年放置していてあちこちが傷んでいる物件など、個別の事情は反映されません。最終的には人の目で確認しなければならない部分も多いのです。

売却前提なら不動産会社の訪問査定が安心

AI査定にはさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。そのため、物件の売却が前提で、より詳細に価格を調べたい場合は訪問査定の方が安心です。

ある程度手間がかかるものの、AI査定をしても最終的に人の目でチェックしてもらわないと正確な査定金額は出せません。AI査定はあくまでも平均的な数値の目安で、AIでは測りきれない部分で金額が大きく左右することもあります。正しい数値を把握したい場合は、必ず訪問査定を行ってもらうようにしてください。

投資用不動産の査定をしてもらいたいという方は、「投資用不動産の査定方法や手順は?売却時のポイントと合わせて解説」の記事を参考にしてみてください。

訪問査定のメリット

訪問査定には、下記のようなメリットがあります。

  • 正確な査定価格を把握できる
  • 不動産会社の対応を見極められる
  • 売主の希望や条件に合わせて査定をしてもらえる

それぞれ見ていきましょう。

正確な査定価格を把握できる

AI査定では難しい、不動産の個別の特徴に合わせた正確な査定価格を把握できます。訪問査定であれば、状態が悪ければリフォームを前提に査定額から差し引く、状態が良ければ売却に上乗せするなどの柔軟な提案をしてもらうことが可能です。データが少なくてAIでは出せない査定額も導きだしてもらえます。

査定額の根拠や基準を確認できるため、査定額を聞いた上で詳細な内容を確認してから実際に売却を行うか検討できるのも大きなメリットです。

不動産会社の対応を見極められる

先ほども少し解説しましたが、不動産の売却は金額が大きい分、信頼して任せられる不動産会社選びが重要です。信頼できる不動産会社を選ぶためには、電話や問い合わせメールなどから、接客の丁寧さ、対応の柔軟さを見極めておく必要があります。

扱いが雑な会社の場合は、しっかりとした価格を提示してくれるかも怪しくなります。逆に、丁寧な対応をしてくれる、不満を解消するために丁寧な説明をしてくれるといった会社は、安心して買取などを依頼できるでしょう。

不審に思った場合は別の不動産会社に問い合わせるのも1つの手です。実際に、複数の不動産会社に査定を依頼したことで査定額が上がったケースもあります。不動産会社に任せきりにせずに、自分で選ぶ意識も重要です。

売主の希望や条件に合わせて査定をしてもらえる

売主によって、売却を急ぐのか、時間がかかっても高く売りたいのかは異なります。売却を急ぐのであれば相場よりも低めの査定額を出して素早く現金化を目指す、急がないのであれば相場通りで売るなど、それぞれで売り方が異なるのがポイントです。

査定額は売主の希望で左右される要素もあるため、訪問査定であれば条件の調整がしやすくなります。どの程度の期間で売るつもりであれば査定額がどうなるかなど、条件に合った査定額を直接聞くことができるのです。その場で即決する必要はないため、査定額を聞いた上でじっくり考えましょう。

訪問査定のデメリット

AI査定と同様に、訪問査定にもデメリットは存在します。

  • 直接訪問するので日程などを調整する必要がある
  • 査定結果が出るまでに時間がかかる
  • 必要な書類が多い

それぞれのメリットデメリットを把握した上で、自分に合った査定方法を選ぶようにしましょう。

直接訪問するので日程などを調整する必要がある

不動産価格を正確に見積もるためには、直接訪問した上で物件の状態を確認する必要があります。特に、マンションや戸建て住宅の場合は屋内がどうなっているかの確認が必須です。普段仕事で忙しくて時間がなかなか取れないといった場合は、スムーズに査定が進まないこともあるでしょう。事前に予定が空く日をいくつか確認しておいて、訪問査定を依頼する際に「〇〇日なら空いている」という旨を伝えてください。

また、土地の売却でも立ち合いが必要なケースがあるため、スケジュールを調整した上で依頼するようにしましょう。

査定結果が出るまでに時間がかかる

訪問して査定を行っても、その場で数字が出るわけではありません。地域の相場や現在売り出し中の物件の確認、競合する不動産の有無なども調べなければならないからです。

不動産取引は金額が大きく、税にも深く関わってくるため、市役所や法務局で法律面での確認も取る必要もあります。

訪問査定の場合は、訪問が終わってから早くても数日程度かかるのが一般的です。

必要な書類が多い

訪問査定を行う場合は、事前に準備すべき書類も多くなります。不動産の取引はさまざまな法律が関わっているので確認事項が多く、書類の不備があればそもそも売却自体ができない場合があるからです。

また、建築基準法の改正などにより、現行の法律に合わせた手続きが追加で必要になり、それが査定額に影響を及ぼすケースもあります。

ただし、書類は売却を行う際に準備しなければならないもので、AI査定から不動産会社に依頼してもいずれは必要になります。手間を前倒しているだけなので、ここで書類のやりとりが終わってしまえば後々が楽になるでしょう。

不動産売却に必要な書類については、「不動産売却の必要書類の取得方法や用途を解説!」の記事をご覧ください。

不動産査定をしてもらう不動産会社を選ぶコツ

先ほど、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切とお伝えしましたが、具体的にどんな会社に依頼すれば良いのでしょうか。良い不動産会社を選ぶ際には、取引実績の豊富さだけでなく、コンサルティングなども行える知見があるかをチェックするのがコツです。

不動産の価格は不動産会社によって異なりますが、実績が多い会社であれば査定額の根拠や明確な基準を提示してくれる可能性が高くなります。しっかり納得した上で不動産売却をするのであれば、後悔する心配も少ないでしょう。

また、不安なことや疑問点を確認した際にすぐに答えてくれる柔軟さを持っているかも重要なチェックポイントです。知識をしっかりと持っていて、それを惜しみなく提示してくれる会社であれば、売却をする際にも信頼できるでしょう。

AI査定から訪問査定・コンサルまで対応するアデプトマネジメントがおすすめ

不動産大手を中心にAI査定を活用する不動産会社が増えています。AI査定には、簡単に査定を受けられる、匿名で売却価格を調べられる、膨大なデータで高い精度を誇っているなどのメリットがあり、気軽に査定金額を知りたい方に多く利用されている傾向です。

投資用マンションの買取、運用、管理などを行っているアプデマトネジメントでも、AI査定を行っています。AI査定、訪問査定、査定額に差が出た場合の説明なども行っているため、しっかりと金額に納得された上で売却に進みたいという人は、ぜひお気軽にご利用ください。

アデプトマネジメントのAI査定については、「【大好評】所有物件の適正価格をAIが瞬時に査定」の記事をご参照ください。

直接訪問査定を依頼したいという場合はこちらからお気軽にご相談いただけます。