大阪で不動産買取の査定をしてもらうには?会社の選び方や流れを紹介

大阪で不動産買取の査定をしてもらうには?

大阪で不動産を売却したいと思ったときに、「不動産をどこに売れば良いのか」「どこに査定を依頼するのが良いのか」と悩んでしまう人も多いでしょう。

そんな方のために、この記事では、大阪で不動産買取の査定を依頼する会社を選ぶポイントを詳しく解説していきます。不動産買取の種類や不動産買取をしてもらう流れなども合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産買取とは

不動産買取は一軒家などの不動産を売る際に選ぶ方法の一つで、不動産会社に見積もりをお願いして、金額に納得できればそのまま売却するという形が一般的です。不動産会社が直接買取をしてくれるのですぐに売れるというメリットがあります。

また、相手は不動産のプロなので、取引を行う上で分からないことがあれば確認しながら売却ができるのも魅力です。

不動産仲介との違い

不動産買取と仲介との違いは、売る相手が違うというのが大きなポイントです。不動産買取の場合、家を売る相手は不動産会社ですが、仲介の場合は、一般人になる可能性が高い傾向にあります。

しかし、売却の素人と買取の素人が2人で話したところで、権利などの法律面や流れなどが分からずうまくいかないため、不動産会社を仲介として売却を行うのです。つまり、不動産会社が仲介業者として売主と買主の間に入って行う取引を不動産仲介といいます。不動産買取よりも不動産仲介のほうが高値で売却しやすいですが、不動産を仲介してもらうときは仲介料が発生する点に注意しましょう。

不動産買取の種類

不動産買取には、大きく分けて下記の2つの種類があります。

  • 即時買取
  • 買取保証

それぞれの買取方法がどのように違うのか、詳しく見ていきましょう。

即時買取

即時買取は、その名の通り不動産会社がすぐに不動産を買い取ってくれる方法です。すぐに売却できるのがメリットで、査定で出してもらった金額に満足できれば売却手続きが進みます。権利書などの必要書類を集めておけば、あとは不動産会社に丸投げできるのも大きなメリットです。

仕事が忙しい、すぐに引っ越さなければならない、すぐに手元にお金がほしいといった事情のある方は、即時買取をおすすめします。

買取保証

買取保証は、まず仲介として不動産会社が買主を探して、買主が決まれば仲介という形で不動産を売却します。しかし、どうしても買主が見つからなかった場合に、仲介として入っていた不動産会社が家を買い取ってくれるという方法です。

どちらにせよ家を売却できるため、時間がある方やできるだけ高い価格で不動産を売却したい方は買取保証を利用しましょう。仲介期限は3ヶ月としている会社が多いため、3ヶ月という時間の余裕がある方は買取保証を選ぶのがおすすめです。

大阪で不動産買取査定をしてもらう際の会社の選び方

大阪で不動産買取を検討する際に、どの会社を選べば良いのか分からないと悩んでしまう人は少なくないでしょう。不動産会社は数えきれないほどの数があり、会社によって管轄している地域やサービスが異なります。

そこで、ここでは大阪で不動産買取査定をしてもらう会社の選び方について解説していきます。探す際は、以下の3つのポイントを意識してください。

  • 得意とする物件の種類を把握する
  • 実績が豊富かどうかをチェックする
  • サービスが充実しているかを見る

順番に見ていきましょう。

得意とする物件の種類を把握する

不動産といっても、一戸建てやマンション、賃貸住宅、ワンルームマンションなど、その種類はさまざまです。

不動産会社によって得意としている物件の種類が異なるため、自分が売りたい物件を多く取り扱っている不動産会社を選ぶようにしましょう。

例えば、1室マンションを主に取り扱っている不動産会社に一軒家の買取をお願いしても、適切な価格で買取をしてもらえないというリスクがあります。また、買取保証で仲介をお願いしたとしても、買主を探せない可能性が高いでしょう。

さらに、地域密着型の不動産会社であれば、担当地域外の不動産は買い取り対象外とされている場合もあります。こういった点に考慮しながら、適切な不動産会社を選びましょう。

実績が豊富かどうかをチェックする

不動産会社選びでは、実績もチェックしておくと安心です。不動産売却では大きなお金が動くため、信用できる不動産会社を選ばないと後悔してしまう可能性もあります。取引で後悔しないためにも、信用できる不動産会社なのかどうかを見極める必要があるのです。

実績の少ない会社では、今までにどのような物件をいくらで買い取ったのかなどを把握できませんし、査定する際の基準すら明確になっていないということもありえます。実績がある会社ほど、過去の経験則から適切な査定を行ってくれる可能性が高いため、できるだけ自分が買取を依頼したい物件に近い不動産の買取実績がある、信頼できる会社を選びましょう。

サービスが充実しているかを見る

不動産会社ではそれぞれ独自のサービスを展開しています。

例えば、売却後に急遽修繕が必要になって、売主が修繕費を支払わなければならないといったトラブルが発生する場合もあります。そういったときに、売却後の補償サービスがある不動産会社を選んでおけば、突然のトラブルでも出費の心配がありません。

 

また、不動産売却に関する税金や法律面の相談に乗ってくれるサービスを実施している不動産会社もあります。不動産売却が初めてで不安、不動産売却に関する税金の知識がないといった悩みを抱えている方は、そういったサービスを展開している会社を選ぶと安心です。

 

マンションの買取を依頼したい方は、「大阪でマンションを買い取ってもらうなら?不動産買取業者を選ぶポイント」の記事も確認してみてください。

大阪で不動産買取をしてもらう流れ

大阪の不動産会社を選んだら、実際に買取をしてもらいます。ここでは、不動産買取をしてもらう際の大まかな流れを解説していきます。不動産売却を検討している方は、これからお伝えする流れをまず頭に入れて、日程の調整などをしておきましょう。

  • 査定をしてもらう
  • 不動産買取業者を選ぶ
  • 契約を締結する
  • 決済・引き渡しをして完了

特に初めての不動産売却では、予想していないようなトラブルが発生することもあります。そのため、ある程度時間に余裕を持って、予定を立てておくのがおすすめです。それぞれの工程を詳しく見ていきましょう。

査定をしてもらう

まずは、売りたい不動産の査定を複数の不動産会社にお願いしましょう。複数の会社に依頼することによって、大体の不動産の相場が把握できるようになります。1社だけに依頼すると、実は相場よりも大幅に安い金額を提示されていたというケースもあるので、複数の会社に依頼したほうが安心です。

査定には、書類だけで判断する「机上査定」と、実際に家を訪問して劣化具合を確認する「訪問査定」の2種類があります。

最近では、インターネット上で簡単に査定ができるAI査定もありますが、すでに売却を決めているのなら、それぞれの不動産会社ごとの特徴などを詳しく把握できる机上査定か訪問査定のほうがおすすめです。

より具体的な査定価格を把握したいなら、訪問査定を選ぶと良いでしょう。複数の不動産会社に訪問査定をお願いするのであれば、時間が被らないように注意してください。

投資用不動産の買取依頼をお考えの方は、「投資用不動産の査定方法や手順は?売却時のポイントと合わせて解説」の記事でも査定について紹介しているので、参考にしてみてください。

不動産買取業者を選ぶ

複数の不動産会社に査定をお願いしたら、最終的に1社に絞ります。不動産会社を絞るときには、査定金額などはもちろんのこと、こちらの話をしっかり聞いてくれているか、取引のデメリットなどもと伝えてくれるか、困ったことがあれば親身になってアドバイスしてくれるか、などという点に注目すると良いでしょう。

いくら査定金額が高くても、信頼できない会社に依頼すると後悔する可能性があります。少しでも信用できないなと感じる場合は、不動産会社の担当者とよく話しながら検討しましょう。

契約を締結する

不動産会社に提示された買取金額や引き渡し条件などに納得できれば、売却のための契約を締結します。言葉で伝えられた条件だけを聞いて契約書にサインするのではなく、契約約款などをすみずみまできちんと読んで、納得した上で契約を結ぶようにしましょう。

一度契約を締結してしまうと、後から変更するのはとても難しいです。契約書をよく読んでいなかったことが原因で後々トラブルが起こることもあるため、「大丈夫だろう」と安易に考えず、きちんと理解した上で契約を進めてください。

決済・引き渡しをして完了

契約など買取に関わる全ての作業が完了すれば、不動産の引き渡しと決済をして完了です。

引き渡し日が決まったら、その日までに引っ越し作業を済ませておきましょう。引っ越しは当日すぐにできるものではないので、事前に荷物をまとめるなどの準備が必要です。早めに行動をするようにしてください。

不動産買取は仲介での売却よりもスムーズに進められますが、初めてであれば契約や書類集めなどに時間がかかるため、余裕を持って行動することが大切です。

大阪での不動産買取の査定に関する疑問を紹介

最後に、大阪で不動産買取の査定を依頼する際の疑問にまとめてお答えしていきます。

  • 不動産の買取に費用はかかる?
  • 住宅ローンが残っていても買取してもらうことはできる?
  • .不要な家具や家電の処分方法は?

疑問を持ち続けたまま不動産の売却をするのは危険なので、自分自身に当てはまる項目に関しては、よく目を通しておいてください。

不動産の買取に費用はかかる?

不動産買取では、下記のような税金がかかります。

  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 消費税
  • 住民税

小さな金額のものもありますが、消費税や住民税はかなり大きな額になってしまいます。特に、住民税に関しては売却した翌年に徴収されるので、不動産の売却金額を全て使ってしまわないよう注意が必要です。

住宅ローンが残っていても買取してもらうことはできる?

売却する不動産に住宅ローンが残っていても、買取をしてもらうことはできます。その際は、ローン残高よりも買取金額の方が高くなるようにきちんと交渉しましょう。

しかし、土地価格などでどうしてもローン残高よりも買取金額が安い場合、売主が残ったローン額を支払わなければいけないので注意してください。

また、実際の取引では一度ローンを完済する必要があります。その場合は、抵当権の抹消を行ってローンの一括返済をするという形です。抵当権の抹消登録の際に支払った金額は、買主に先に支払ってもらうか売主が立て替える必要があります。

不要な家具や家電の処分方法は?

買取をしてもらう不動産にある不要な家具や家電は、買主が引き取ってくれるケースと自分で処分しなければならないケースのどちらかです。

無償で引き取ってくれる方もいますが、中には処分費用を支払わなければならないというような場合もあるので、その点は買主とよく相談しましょう。家電がまだ新しいのであれば買い取ってくれる業者もあるので、どうしても自分で処分する必要があるならできるだけお得に処分する方法を選ぶようにすると良いです。

まとめ

不動産買取は不動産会社に家を買い取ってもらう方法で、不動産会社が直接買い取るかどうかという点が不動産仲介との違いです。不動産買取には、即時買取と買取保証の2種類があり、すぐに買取を依頼したい人は即時買取、時間に余裕があって少しでも高く買い取ってもらいたい人は買取保証がおすすめといえます。

大阪で不動産買取の査定をお願いする場合は、買取価格や実績、サービスの有無を基準に不動産開始を選ぶと良いです。不動産会社選びにお悩みの方は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

アデプトマネジメントでは、不動産の買取・仲介を始めとしたさまざまなサービスを行っています。不動産の売却に関する悩みを抱えている人のために、コンサルティングなども行っているため、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。