【消費税増税】不動産に係る税金

本日は税金に関するご相談を頂戴いたしました。

不動産に係る税金

日常生活のみならず、不動産にもそのかかわり方で様々な税金の改正が御座います。
住宅用の不動産を購入・売却される方は、比較的税金について知識をお持ちの方が多いように感じますが、
投資不動産オーナー様はいかがでしょうか。

住宅に係る税金の種類

●仲介手数料に係る「消費税」
●不動産取得時「不動産取得税」
●不動産所有者「固定資産税」
●不動産収入・譲渡収入・事業収入に係る「所得税」
●「相続税」
●購入時「登録免許税」 など

これらの各税金について、特例や控除もございます。

●住宅ローン控除
●買い替え特例
●空き家の譲渡所得の特例
●小規模宅地の特例
●登録免許税の軽減税率  など

住宅以外(賃貸用マンションなど)に係る税金

これらの中で、投資用不動産のオーナー様に関わる税金は、

●「不動産取得税」
●賃貸収入・譲渡益に係る「所得税」
●「登録免許税」「印紙税」
●仲介手数料の「消費税」
●「固定資産税」

です。

残念ながら、事業用不動産(投資マンションなど)はこの度の消費税増税に対して、特別に使える特例はほとんど御座いませんが、
住宅用(マイホーム)は特例・控除の制度もたくさん変更されております。

不動産の「税」に対するご質問もお任せください。

売却の金額査定は専用査定依頼ページよりお問い合わせ下さい。
ご相談事は、問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。